2009年1月4日生まれのノルウェージャンフォレストキャットの男の子、ひよりと、へろへろ兼業主婦のわたし、旦那さん。
3人の織りなす毎日を綴る場所です。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ひっそりと、ね

今の会社に勤めてちょうど3年になります。
規模が小さな、社員10名足らずの会社です。色々なことにアバウトで、みんなそれぞれ個性的で、でも会社の方針や商品に誇りを持っている、素敵な会社です。
社長は穏やかでいつも笑顔で、奥さまは明朗快活で社交的な方でした。
その奥様が、一昨日亡くなりました。
入社して5か月ほど経った頃だったでしょうか。わたしは社員の一人と折り合いが悪く、(わたしの対応も悪かったのだとはおもいますが)あまりに嫌がらせめいたことをされるのに辟易して会社を辞めようかどうか悩んでいました。
その時に親身に相談にのってくれて、わたしを引きとめ、社員との関係をとりなしてくれたのが奥さまでした。

わたしは、きちんと仕事をやれているでしょうか。
出来ることの幅は広がり、責任の重たい仕事も任されるようになりました。
でも、その結果をきちんと見てもらうことはできないまま、・・・・・。

数週間前から社員みんなで折りはじめた千羽鶴は、奇しくも昨日出来上がり、今日の夕方お線香をあげに社長のご自宅に伺った際、奥さまの枕もとに飾っていただきました。
皆さん口々に、仕事の合間にこんなにたくさん折るのは大変だったでしょう、きっと喜んでいます、ありがとう、ありがとう、と言ってくださって、こちらのほうが恐縮していまいました。
社長やその娘さんの前では泣かないようにしなくては、と思っていたのに、奥さまと対面するとやっぱり、泣いてしまいました。その場にいたみんなが泣いていて、みんなが奥さまの死を悼んでいることが伝わってきて、ますます泣いてしまって。

虹の橋のお話は、ひとにも当てはまるのでしょうか?
苦しかったことも痛かったこともなくなって、あたたかい、おひさまのひかりが降りそそぐ、きれいなお花が咲いていて、おいしいたべものもたくさんあって、そんな場所は。
そこで、社長や、わたしたちを見ていてくれるんでしょうか。
そうだったらいいなあ、と思います。

千羽鶴の願いは届かなかったけれど、千羽の鶴がきちんと奥さまを虹の橋のふもとまで運んでくれますように。
奥さまがその場所で長い長い、しあわせな日々をすごし、いつか社長や、愛犬や、娘さんと再会して、みんなで手をつないで橋を渡れますように、心からお祈りします。
ほんとうに、素敵な方でした。
自信にあふれ、やりたいことをして、ききたいものをきき、みたいものをみて、いつも笑っている素敵な方でした。
教えてもらったたくさんのことを、わたしはちゃんと胸に抱いて、これからもがんばります。

ほんとうに、ほんとうに、お疲れ様でした。

*

ひとの死は重いです。
だから、どんなに絶望しそうになっても、やっぱり自分を大切におもってくれていたり、気にとめてくれる人がいるのなら、踏ん張って生きていかなければいけないんだな、と。
後悔のないように、世界がいつ終わっても、「ああすればよかった」「こうしてあげれば」「どうしてあの時あんなことを言ってしまったのか」なんて思わなくていいように、いつでも人にやさしく、明日が来る保証はどこにもないのだから。

すきなひとにすきだと、たいせつですと、伝える努力を怠らないように。

スポンサーサイト
<< ひより「でもカルカンほうがおいしいよ?」 | HOME | ひよりをみならって >>
C O M M E N T









猫レンズ | 2009/05/11 07:41
↑ひよりちゃん可愛いですねぇ。。。手足が特に可愛いぃ(*´ー`*)


私は死ほど怖いものがありません
なんていうか、もうやだぁ、誰も死んじゃわないで下さい・・・って思います。
自分が死ぬことより誰かに死なれてしまう方が怖いです


あ、ジャムさんが、なでなでして欲しい♪嬉しいな、ありがとねって言ってましたよーw





↓お風呂失敗でしたか、だけどちょっとずつ慣れますよっ♪
Hitomi☆ | 2009/05/12 22:25
こちらにもコメントさせていただきますね。

虹の橋のお話、私は人間もそうだと思っています。
人の魂も虹の橋を渡った世界から
大切な人たちを励まし、微笑みかけ、見守っている。
そして、いつか再会を喜び合うのでしょう。

芙蓉さんの気持ちは虹の橋の向こうにいらっしゃる奥さまに
きっと届いています。

私がいつか虹の橋を渡ってなつかしい人たちと再会する時
すてきな人生だったねと言い合えるようにしたいです。

さよならは 別れの言葉じゃなくて 再び会うまでの遠い約束…

奥さまのご冥福をお祈りいたします。
芙蓉 | 2009/05/13 00:20
猫レンズさんへ

ひよりかわいいですか? とってもうれしいです*
おててとあんよはわたしも大好きです♪

そうですよね、すごくわかります。
わたしは親しい人を亡くした経験がほとんどなかったことと、奥さまにはほんとうによくしていただいたこととが重なって、すごくショックでした。
自分の悲しみよりもむしろ、社長や娘さんの気持ちを考えると・・・・。
そういう思いを誰かにさせないように、わたしもがんばって120歳くらいまで元気でいたいものです。
ひよりにも猫又になるくらい元気でいてほしいです。

ジャムさん!!
だいすきですー! クリームくんもマロンちゃんもだいすきですが、ジャムさんだいすきです!!!!

猫レンズさん、どこにお住いなんでしょうか。
北海道にお越しの際はぜひうちに来ていただいて、お風呂のご指南をお願いしてもよろしいでしょうか。笑

*

Hitomi☆さんへ

ありがとうございます、ありがとうございます・・・・・
なんだか救われました。
そうだといいなって思います。

なにもいちばん忙しい土曜日に亡くなることはないのにって社員みんなで言い合って、でもたぶん、「これっくらいのことでクヨクヨしないでキリキリ働きなさいよ!」ってことなんだろうねって結論になって、みんなでまた泣いてしまいました。

いつかずうっと先に奥さまに会えた時に、がんばったわねーって言ってもらえるように、がんばります。
hitomi☆さんほんとうにありがとうございます・・・・。