2009年1月4日生まれのノルウェージャンフォレストキャットの男の子、ひよりと、へろへろ兼業主婦のわたし、旦那さん。
3人の織りなす毎日を綴る場所です。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

きらい、こわい、パニック!
JUGEMテーマ:にゃんこ

■まえがき
お誕生日おめでとうのコメント、ほんとうにうれしかったです*
ありがとうございます。
ひよりを迎え、このブログをはじめ、いちばんうれしかったのは素敵な方々に出会えたことです。
この出会いを与えてくれたひよりに感謝し、ひよりとわたしと旦那さんを見ていてくれる方々に感謝し、日々過ごしていけたらいいな、と思います。
ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございました!

*

ここから、今日の記事です。

以前、ひよりはお風呂とドライヤーがだいきらい、ということは記事にしたと思います。
そのおかげで、きちんとシャンプーをしてあげたことはまだないのです・・・・・。
(いずれ「お道具箱」の記事にしますが、一応被毛のケアはしています;;)

わたしにも嫌いなものがあります。
好き嫌いの域を超え、それはもはや恐怖と言っても過言ではないでしょう。
それは、・・・・・


ひより、毛づくろいの手(舌?)をとめて、どうしたの?



うん?



ひぎゃああああああ!!!;;

ということで、虫です。虫が嫌いなんです・・・・・。
ある程度大きくなってからではなく、保育園、小学校時代お友達が虫取りを楽しんでいる頃から異常なくらい苦手でした。
幸いなことに、北海道にゴキブリはいませんので、わたしは一度もお目にかかったことはないのですが・・・・・。

蛾。
ほら、見てくださいだって字がもうすごいじゃないですか?
「虫とは我のことである」と書いて「蛾」ですよ。
あの粉っぽい羽も、妙にやわらかそうな腹部も触覚も、足も、すべてが恐ろしくてたまらないのです。
(ちなみにわたしの中では蝶も蛾も同じです)
蟻もだんご虫もコオロギもバッタも、どんな虫も怖いです。
触れない近づけない見れない、でも部屋にいるのなら外に出てもらわないと何も手につかない・・・・;;

旦那さんとの結婚のときの取り決めは、「いついかなるときでも虫を退治してくれること・翌日が仕事だろうがなんだろうが虫を退治するまでは眠らない、眠っていても起きて退治してくれること」、引っ越しの際の条件は「虫があんまりいない場所」・・・・・。



ごめんね・・・・・。
ひよりは実に猫らしく、虫を発見してくれます;;
そのたびに盛大に叫び声をあげて逃げ惑う日々。やれやれとばかりに退治してくれる旦那さん。
春は好きです。
世界ぜんぶが色づいて、やわらかく、あたたかな目覚めの季節です。
夏も好きです。
濃くなっていく緑や、強い光が落とす影や、じりじりと熱を発するコンクリートも。

でも、虫がいないから、冬が一番安心なのでした・・・・・。
(蛾が1匹いる密室と、蛇が100匹いる密室なら迷わず後者に入りますもの)
真剣に、1匹につき1000円払ってもいいから退治してくれる業者さんとかないでしょうか。
今年はまだわたし一人の時に虫さんと出会っていませんが、そうなったらわたしはどうすれば;;
母も父も素手で大きな蛾を叩けるほどの人なのに、どうしてわたしはこんなに怖いのでしょう。

求む、同志!です。笑

*



かわいい表情のふくろねこちゃん♪

*

ランキングに参加中ですっ。
もしよかったら、1日1回ずつぽちぽちぽちっとクリックしていただけるとうれしいです♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ ブログセンター!へ

なにかありましたらコメント欄へどうぞっ。お話しましょう*
スポンサーサイト
<< おたんじょうびでした* | HOME | 忙しい朝にかぎって・・・・! >>
C O M M E N T









うささぼ | 2009/07/24 01:07
ネコ草の時に虫のことを気になさってたので、
苦手なんだなーとは思ってましたが、こんなに嫌いなんですね。
確かに虫が大丈夫な女性は少ないかも。
私も大きなのとか、すんごいキモイのはダメですが、
ある程度の虫なら平気です。
クモも素手で掴んで、窓を開けてポイっ!
ごめんなさい同志にはなれませんね(笑

猫は虫を見つけるのが得意ですよね。
ジーっと一点を見つめてる先を見ると虫が・・・ってことが多々あります。
でも北海道は寒いから虫が少なくて良かったですね〜(^^)

ひよりくん、虫退治してあげて〜

くりひなママ | 2009/07/24 08:34
私も虫、大嫌いです。(特にゴのついたのは全く駄目)
でも、結婚して家事をするようになったら
そんなことを言ってられなくなり、泣きながら(笑)退治するようになりました。
猫たちが殺虫剤をなめたらいけないので、殺虫剤は使いません。
雑誌丸めて追いかけます。(ひえ〜)
怖いけど、くりひなが虫を口にするよりは…と思っています。
猫が虫食べても問題ないとは思うんですけどね。何となく。

嫌ですよね、虫。
…あ、テンション下がった…。(笑)

↓、ひよりさんが24歳とは思えないっていうことではないですよ〜。
24って、私の中ではまだ学生(いや、留年とか、浪人してればさ…)
って感じだったので、わっかいな〜ってうらやましくなっただけです。(笑)
BANGURI | 2009/07/24 15:32
虫さんが恐怖なんですねそれはつらい!!
地球で暮らす以上虫がいないとこってなかなかないですよね。

暖かいコメント返し有難うございました。
勇気を出してコメントして本当によかったです。
私的にコメントするのって勇気がいるんでよ〜。

たしかにすべての獣医さんがそうだとは思いませんが
獣医さんもフードには詳しくないような気がします。
我が家が絶大なる信頼を寄せるニャンズかかりつけの
獣医さん達もフードの事はちょっと・・・って感じです。
(先生失礼な事言ってすみませ〜ん)
もちろんペットショップもしかりですね。

じゃ自分で調べるしかないって事なんですが
うちのニャンズにとって何が一番ベストなのかが
(実はうちのおにいたん訳ありにゃんこなんです)
いくらいいものでもうちのニャンズに
合うもの食べてくれるものでなければ意味ありません。
調べるほどに分からなくなってしまっているのが現状です。
だから芙蓉さんのフード調査とても参考になります。

そおそおひよりくんにちょっとお薦めがあります。
うちのニャンズも飲んでいる森永乳業さんが出している『赤ちゃんの水』です。
人間の赤ちゃん用なので安全でミネラルも何も入っていない純水なので
にゃんこにもよいかと思います。

うちのニャンズが見てみたいとの事
実は旦那さんがひっそりとブログ公開しております。
よかったらこっそりと覗いて見てくださいませ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://hokusetsu-tiger.at.webry.info/
Hitomi☆ | 2009/07/24 16:22
お久しぶりです。
ご心配をおかけして、本当にすみませんでした。
遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。
芙蓉さん、さりげに年女なんですね(笑)
芙蓉さんと旦那さまとひよりくんがいつも幸せでありますように…
ステキなことがいっぱいありますように…

袋の中のひよりくんのアンニュイな表情が堪りませんね♪
ひよりくん、そんなところで袋に入って落ちてたら
私が拾っていっちゃうよ!(笑)

私も虫は大嫌いというより、苦手です。同志ですね(笑)
この世から消えてなくなれとは言いませんが
私の目に触れない世界で生きて欲しいと思います(笑)
困ったことに、にゃんズは虫が大好きなんですよね。。。

| 2009/07/24 18:07
嫌いというか苦手でしょうがないのがゴキブリです。
自宅は築40年近くになるし、周りにワンルームが多いせいかそこから進入してくるようです。
殺虫剤かけられるところならいいんですが、かけられないところに出没されると堪りません。
書いてても気持ち悪くなってきます^e ^シュン
leoma | 2009/07/24 20:50
あらら〜〜・・・・
そんなにも虫さんがダメでしたかw
確かにダメな人はとことんダメみたいですね^^;
友人にも何人かいます。。。
私は・・好きというわけではないけど、
もともと山育ちのせいか、虫も野生動物もけっこう身近に感じてますw
同士にはなれませんね〜〜^^;

全部ぽち!
masu | 2009/07/24 22:37
芙蓉さん、こんばんは☆
遅くなりましたが・・
お誕生日、おめでとうございます≧ェ≦ニヒヒ
旦那さま、芙蓉さん、ひよりくんが幸せで楽しい1年を過ごせますように・・。
これからもかわいいひよりくんの成長を一緒に見守らせてくださいね☆

私も虫が大嫌いです!!
(芙蓉さん程ではないと思いますが近いものがあります。笑)
北海道はゴキがいなくて羨ましいです!
私は特にゴキが嫌いで、姿は見えなくても気配で分かるんです。
そしてゴキの姿を見ただけで涙がこぼれてくるんです・・。
もちろん蛾も悲鳴をあげるほど嫌いです・゚・(ノД`;)・゚・
お互い、虫にめげず楽しい夏を過ごしましょうね♪

ふころねこちゃん、可愛いー(*>艸<)キャァッ
ふくろになりたいっ!!笑
創 | 2009/07/25 00:23
遅くなりましたが、芙蓉さん、お誕生日おめでとうでした。
まだ24歳! とも、もう24歳! とも思ってしまいます。
私の中で芙蓉さんはいまでも、いちごミルクのイメージが抜けないのです。

あと、蛾とGはほんとに地球上から消え去ってほしいです。同志よ!
芙蓉さんと違って他の虫はまだどうにかなるけれど、蛾とGだけはどうやっても無理。
こないだ数年ぶりに数センチサイズの蛾と泣きながら対決したけれど、こっちが死ぬかと思いました。
ひよりくんがいたら殺虫剤は使えないだろうし、これからの季節は悩みどころですね……。
芙蓉 | 2009/07/27 03:15
うささぼさんへ

そうです、猫草のときは大変お世話になりました・・・・・。
虫が出るのか出ないのかというのは非常に大切なことでした。笑
嫌い、というか、もう、恐怖の対象なんですよね。
例えば食べ物なんかの好き嫌いだったら、できるだけ食べたくないけれど、どうしても食べなくちゃいけないのなら食べれます、が、虫は・・・・・条件反射で悲鳴→逃亡という感じです;;
というか! 素手でつかんでポイ!?
いっそうらやましいくらいです;; わたしもそうなりたいです・・・・・。

そうですよね、きっと、虫、少ないほうなんでしょうね。
それでもこんなにおびえているのだから、わたしはきっと一生道内で過ごすのでしょう。笑
かっこいいなあ、うささぼさん・・・・・素手でつかんでポイ!できたらどんなにいいだろう;;

*

くりひなママさんへ

な、名前を打つのもお嫌だったんですね;;
わかります、すごくわかります・・・・・そして泣きながらでも退治できるのなら、とってもとっても素敵だと思います。
雑誌をもって追いかける姿を想像すると、勇ましさに胸が打たれます。笑
そうなんですよね、殺虫剤は絶対に使えませんから、となるとやっぱり・・・・・ああああああ無理です絶対無理ですだって足がたくさんあるなんておかしいじゃないですか6本とか変じゃないですかしかも飛ぶし!!無理です;;
たぶん、旦那さんがいない時に家に虫がでたらひより連れて別の部屋に引きこもるんだろうな・・・・・

ひよりは0.5歳ですよっ。芙蓉は24歳です。笑
そうですよね、でも、友人なんかでも、大学院生だったり、留年していたりしてまだ学生の子たちがいます。
めちゃくちゃうらやましいです。いいなあ・・・・・。
そう考えると確かに若いのかもしれないですね♪

*

BANGURIさんへ

たぶん、虫さんがいないところでは人も生きていけないんじゃないでしょうか。
だって氷河期も乗り切ったんですよ?
恐竜だって絶滅してしまったのに、虫は乗り切ったんですよ?
その強すぎる生命力もまた恐怖の対象です;;

こちらこそ、コメントありがとうございました!
お返事が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。
とってもうれしく、にこにこしながら読ませていただいています*
コメントするのに勇気がいるの、とってもとってもわかります。
それなのに、言葉を残していただけたこと、ほんとうにうれしく思います!

そうなんですよね。
フードに関しては、まず大前提として食べてくれること・・・・どんなにいいフードでも、食べてくれない、食べることにストレスを感じるのであれば本末転倒ですものね。
その大前提をクリアした上で、次はその子その子に合っていること、ですよね。
アレルギーだったり、療法食が必要だったりすればその分選択の幅も狭まってしまいますから、BANGURIさんもきっとすごく悩まれて、一生懸命お勉強されていらっしゃるんでしょうね・・・・・。
わたしも、もしひよりにアレルギーなんかが出てきた場合対処できるように、栄養学のほうから色々勉強しているのですが、いかんせん、人間用の参考書ですから・・・・猫さんの身体だとどの栄養がどのくらい必要なのか、というのがまったくわからずお手上げ状態です。
タンパク質を分解して効率よく利用するためには何が必要〜とかそういうのはわかるんですけど・・・・・;;
まだまだ勉強不足で、拙い記事ではありますが、なにかの参考になればわたしもとっても嬉しいです。
がんばりましょうねっ。

そしてお勧めありがとうございます!
ミネラルやマグネシウムは、過多になると結石の原因にもなりうるんですもんね。
うちはいまペット用のお水を飲んでもらっていますが、どうもお水あんまり飲まないんですよね。
あっためたり、ひやしたり、いろいろ試してはいるのですが;;
赤ちゃん用のお水、検索して調べて、試してみたいと思いますっ。
ありがとうございました*

ブログ、見にいってみました!
確かにひよりと毛色が似ています、かわいいです〜。
まだちょっとあどけないひよりよりも、ちょっと大人びて凛々しい雰囲気ですね!
妹ちゃんのほうは、女の子らしい柔らかい表情・・・・・♪
BANGURIさんではなく、旦那さまのブログとのことなので、一応コメントを控えておきますね?
「奥さまに教えていただいて〜」っていうのもどうなんだろう、、と思って;; BANGURIさんもブログのコメントしかチェックされているのかな?
また遊びにいきますねっ♪
BANGURIさんもぜひ、また来てください*
芙蓉 | 2009/07/27 03:26
Hitomi☆さんへ

Hitomi☆さんだー!!;;
心配なんてわたしが勝手にしているだけなので、気にしないでくださいねっ。
早くよくなりますように、よくなりますように・・・・・*
そして、お誕生日おめでとうのお言葉とってもうれしいです♪
ありがとうございます!
まだまだ未熟なわたしですが、少しずつでも成長していけるよう、日々感謝と努力を忘れずに過ごしていきたいとおもいます。

ふくろねこの写真、ひよりの表情わたしもお気に入りです♪
Hitomi☆さんに拾われるならひよりもしあわせものだとおもいますよお、やさしいおにいちゃんたちもいますし!
でも、だめでーす!笑
ひよりがいない生活なんて;;

そうなんですそうなんですよ、食物連鎖のこともありますし、消えてなくなれとは言わないから、お願いだから地下かはるか上空で暮らしてください、とよく思います。笑
同士、とってもうれしいです♪
あの予測不能な動きがいいんでしょうね・・・・・倒してくれるのはいいのですが、食べちゃうのはちょっと気分的に・・・・・大丈夫だとおもうんですけど気分的に・・・・・;;

*

お名前未記入さんへ

幸いなことにわたしは生まれてから今まで一度もゴキブリに遭遇したことはないのですよ。
ただ数々の恐ろしい逸話を聞いたことはあるので(1匹いたら100匹〜とか、髪の毛一本で数週間〜とか、水一滴で数か月〜とか、信じられないような話を・・・・・)、その恐怖は根付いています;;
しかも素早いし、しぶといし、もう、手も足もでないですよね。
北海道在住であることを感謝します、ほんとうに、絶対に倒せないです・・・・・。

気持ち悪くなっちゃいましたか? わー、ごめんなさい。
でも、すごくよくわかります、それ、わたしも今ちょっと・・・・うう;;

*

leomaさんへ

わたしも田舎育ちですし、祖母の家なんか「見渡す限り山と畑」、「隣の家まで徒歩10分」、「街灯がないので夜は出歩くとき懐中電灯必須」というほどなのに・・・・・
なんだか、慣れとかそういう問題を超えている恐怖だと思います。
なぜこんなにも怖いのか自分でもわからないです;;

是非に、怖くなくなるコツ(そんなのあるんでしょうか。笑)を伝授していただきたいです・・・・!!
応援、ありがとうございますっ。
芙蓉 | 2009/07/27 03:38
masuさんへ

わあ、お誕生日おめでとうのお言葉、ありがとうございます!
とってもとってもうれしいです。
しゃんとした大人、としてもそうですが、ひよりのママとしてもまだまだ未熟で頼りないわたしですから、masuさんが見守ってくれるならとってもとっても心強いです*
いつも優しい、温かなお言葉に励まされています♪

masuさんもお嫌いでしたか・・・・・
ほんとうに、ゴキブリのことを思う時ほどに、北海道在住であることに感謝することはありません。
繁華街なんかにはいるみたいですが、居住区では見たことありませんもん。
気配、わたしもわかりますよ〜。
そして、一度虫が家にいることを自覚すると、小さなほこりや壁のシミまで虫かと思って悲鳴をあげるわ、逃げ惑うわ・・・・・。
でもそうですね、せっかくの素敵な季節を虫に邪魔されたくはありません!
お互い、素敵な夏を過ごしましょう、ええ、負けずにがんばりましょう。笑

ふくろねこは、このあとわたしがふくろごとだっこしてあげました♪
逃げられちゃいましたけど・・・・・笑

*

創さんへ

創さーん!!! 創さん!! ぎゅう!
うれしいです、うれしいです;;
ありがとうございます・・・・・いちごミルク、いまでもだいすきですよっ。
あの頃からちっとも成長していないような気がするのに、実年齢ばかりが増えてきていてちょっと焦ってしまいそうです・・・・・。

創さんもそうでしたね、わたしの理解者です・・・・・
蛾、ほんと無理です;;
絶滅してほしいくらいですが、食物連鎖のこともありますから、せめてわたしに近づかない見えない存在を意識させないような場所で頑張ってほしいです;;
Gは・・・・創さんよかったら北海道に移住をおすすめします、いませんよ〜ほんとうに。
まだ結婚前に、一度旦那さんが上京したいと言っていたことがあるんですが、断固反対しました。Gがいるからです。笑
よかった、その話、立ち消えになって・・・・・。
対決、本当に本当にお疲れ様でした。想像しただけでわたしまで卒倒しそうです;;
よく泣き叫ぶわたしに母が「蛾のほうが、でかいしうるさいあんたのほうを怖がってるわ!」と言われたものですが、じゃあこっちくんなばかー!!としか思えませんでした。
どうしてこんなに怖いのでしょうか;;

コメントほんとうにありがとうございました!
とってもうれしかったです。創さん〜!