2009年1月4日生まれのノルウェージャンフォレストキャットの男の子、ひよりと、へろへろ兼業主婦のわたし、旦那さん。
3人の織りなす毎日を綴る場所です。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ひよりのごはんについて
JUGEMテーマ:にゃんこ

ひより「このきじはすごくながいし、きょーみないひとにはつまんないよ〜」



(2009年8月現在のひよりのごはん)

■ドライフード

アズミラ
クラシックキャットフォーミュラー(全年齢用)

ナチュラルバランス
ウルトラプレミアムキャット(全年齢用)

オーガニクス
フィライン アダルト&キトン(成猫・幼猫用)

フリントリバーランチ
キャット&キトン(成猫・幼猫用)

(ローテーション製で、一番高頻度であげているのはフリントリバーランチです)


使用歴として、
ひよりを迎えたショップさんにいただいた、ロイヤルカナンベビーキャット・サイエンスダイエットキトンは、ほぼ口をつけず・・・・・(これが原因でフードについて勉強することになったわけです)
グリーンフィッシュ・カリフォルニアナチュラル・カントリーロードは一切口をつけませんでした;;
アニモンダ・アーテミス・ピュリナワン・シーバなどは気が向けば食べる・はじめは食べたけど徐々に口をつけなくなっていきました。

■ウェットフード

アズミラ
キャット缶2種(ビーフ&チキン/オーシャンフィッシュ)

ナチュラルバランス
キャット缶5種(チキン/ターキー/ツナ&シュリンプ/サーモン/オーシャンフィッシュ)

アニモンダ
フォムファインステンシリーズ
キトン2種(牛と鶏/鳥と牛)、セレクト全6種、メニュー全3種、BIO全2種
ラフィーネシリーズ
ラグー全4種、スープ・キトン全2種

マンマリゾ
チキン・いわし

ボジータ
キャットテトラリカート チャンクゼリー、パテあわせ全5種

カントリーロード
チャコーズ・デリシリーズ ささみ&トマト味


使用歴として、
アニモンダとアズミラの「ラム味」は嫌いだけどしかたなく・・・・という感じでした。
グリーンフィッシュ・カリフォルニアナチュラルは全滅です。
カントリーロードのチャコーズ・デリシリーズ、トラウトとサーモンはまったく口をつけず。
同じくカントリーロードのキャット缶は、初めは食べたのですが、徐々に苦手になりました。

■サプリメント

アズミラ
メガペットデイリー(各ビタミン補填)
スーパーC2000(ビタミンC補填)
ガーリックデイリーエイド(抗酸化作用)

フルーツザイム(消化酵素・食物繊維)
スパイラルエンザイム(消化酵素)

(ガーリックデイリーエイドは体調や栄養バランスを見て使用・それ以外は毎日使用)

■補助食材

ニンナナンナデリカ
明日葉(ビタミン&ミネラル&消化酵素)
大麦若葉(ビタミン&ミネラル&消化酵素)

(マンマリゾなど、栄養バランスが少し偏り気味のフードに使用)

■飲料水

ピタリゲン(フードに混ぜるためのお水)


常にすべての在庫があるわけではありませんが、常食だと言える頻度でひよりが食べているのは上記のフードです。
(フードショップ・NinnaNanna様ですべてそろいます)

自分で書いていても「種類、多いなあ・・・・・」ってちょっと思いました;;
でも、完全室内暮らしの猫さんたちはごはんを自分で選べません。
一緒に暮らしている人が選んであげたものがすべてなんですよね。
だったら、食事ではできるかぎり楽しんでもらいたいなあ、という親バカ心です・・・・・。
あとは、「万が一どれかのフードに有害物質が含まれていたり、あるいは足りない栄養素があったとしても、そのリスクを減らせる」・「どれかのフードの流通状態が悪化し手に入らなくなった場合、一つのフードにしていると困る」というのも大きな理由ですね。
(現に、ボジータは2009年7月から8月末まで非常に流通状態が悪く、手に入りませんでした)

それから、「ごはんは決まったものが出てくるのが当然」という認識をなくしてもらう意味もあります。
万が一身体に疾患が出てきてしまった場合、療法食に切り替えなくてはいけませんから、「食べたことないからこれヤダ、いつものちょうだい」となってしまっては困る・・・・それでなくても偏食・小食なんです。そうなる可能性は十二分にあります;;
フードを頻繁に変えたり急に変えたりすることはよくないという説もあります。
腸内細菌が安定しないため、上手に消化吸収ができなくなることがある、というのがわたしの目にした説ですが、これはあまりにも個々の体質の差を無視した意見だと、個人的にはと思います。
もちろん体質を考慮するのは重要なのですが、消化酵素の補助で問題なくクリアできる子のほうが多いのでは・・・・・。
野良ちゃんや、野生の肉食の動物は、コンスタントに一定のごはんを食べられなかったはずです。それでも、いつもおなかを壊していたわけではないと思います。
狩りで得たごはんには、生きた酵素がたっぷり含まれているからでは・・・・?
ちなみにひよりは、フードに消化酵素を加える前から一度もおなかを壊したことはありませんでした。

数多くフードを常備していることのリスクとしては、消費するまでの期間が長くなってしまい、フードが劣化してしまうことでしょうか。
これについては、できるだけ少量パックのものを購入すること、徹底した密閉と、市販の乾燥剤・脱酸素剤での湿気防止・酸化防止で対処しています。

ウェットフードについては、「成猫用」のものも食べてもらっています。
フードの「成猫」「幼猫」「老猫」などの区分けは、カロリーで分けられているのでは、と考えています。
幼猫は成長のために高カロリー、老猫は運動量が減り、代謝も落ちるので低カロリーという風に。
(妊娠中や授乳中、離乳期はまた少し違うかもしれません)
というわけで、ひよりについては成猫用・幼猫用という区分けにこだわっていません。



ひより「ねむくなる・・・・」

■ごはんの量・時間

猫のカロリー計算にて、「成長期」で計算すると必要カロリーは495kcalです。
が、いくらなんでも多すぎると思います。
なので、「健康な去勢されていない成猫」で計算すると277kcalになります。
が、いくらなんでも少なすぎると思います。

というわけで、間をとって、約370kcalくらい食べてくれるようになんとか頑張っているところです・・・・・。
(他書籍でも調べましたが、似たり寄ったりの数値でした)

朝:ウェット50g〜60g+ドライ2種合わせて10g〜20g+サプリメント+ピタリゲン15cc
昼:ドライ2種20g〜30g
夜:ウェット50g〜60g+ドライ2種合わせて10g〜20g+サプリメント+ピタリゲン15cc

毎食きちんと食べきれば約380kcal摂取できる計算ですが、完食することもあれば残すこともあり・・・・・。
ほんとうはウェットの比率を下げて、ドライの比率を上げればもう少し摂取カロリーが増えるんですが、そうなると食べなくなります・・・・・。
ドライ苦手のウェット好きなのです。
ウェットフードは水分摂取にとっても有効ですしね。
昼間は、ウェットを放置した場合の劣化が心配なのでドライオンリーですが、ひよりはきっとしぶしぶ食べているんだと思います。

健康な猫ちゃんであれば、自分に必要な量はきちんと食べ、必要ない量は残す、らしいので・・・・残す分はひよりには必要ないのかもしれない、とも思っています。
ノルウェージャン・ラグドール・メインクーンなんかの大型猫ちゃんは1年を過ぎても幼猫くらいのカロリーが必要、という説もあるみたいですね。
ひよりの体調と体質、健康状態と合わせて調節していこうと思います。

市販のフードは、どうあっても平均点しかとれないし、平均点をとらなくてはいけないというのが信頼しているフードショップの方のお言葉です。
色々な体質、嗜好、健康状態の猫さんたちを考慮して作られるので、自然と平均点をとらざるを得なくなってしまうんですね。
その子その子の体質・年齢・健康状態に合っていて、かつ美味しく食べてくれるごはんが理想です。
ほんとうはすべて手作りごはんにしてあげられればいいんですが、そうするにはまだわたしは勉強不足・・・・;;
サプリメントは、市販のフードの平均点を少しでも満点に近づけるためのものです。
お水は、猫さんの大敵ともいえる泌尿器疾患の予防のため、必ず朝晩と15ccずつごはんに加えることにしています。
そのフードによって多少変動しますが、ウェットは水分が約70〜80%ですから、1日100gのウェットフードを食べれば70〜80cc、ここにお水を朝晩15gずつ足して100〜110cc・・・・・あとはひよりに任せています。

■今現在の健康状態について

問題なしです。
アレルギー等も今のところナシ。

栄養学については、今勉強中です。
猫さんについての栄養学の専門書が見つからないため、とりあえず人間用のもので勉強中ですが、かなり為になります・・・・・。
素人ではありますが、栄養学も絡めて色々と考えていきたいな、と思っています*

(現存のフードレビューは順次、全文修正していく予定です)



ひより「Zzzzz・・・・」

上手にまとめられていなくてごめんなさい;;
自分用のメモとしても活用したいと思います。

*

ランキングに参加中です!
もしよかったら、応援していただけるとうれしいです*

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ ブログセンター!へ

ご意見などありましたらご気軽にコメント欄へどうぞ! お話しましょう♪