2009年1月4日生まれのノルウェージャンフォレストキャットの男の子、ひよりと、へろへろ兼業主婦のわたし、旦那さん。
3人の織りなす毎日を綴る場所です。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

フードの罠
JUGEMテーマ:にゃんこ

久々のフード調査カテゴリ更新です。
ひよりの写真なしなので、興味のない方は読まなくていいですよっ。

以前、アーテミスに関する記事を書きました。
http://pieni-laulu.jugem.jp/?eid=94

合成保存料不使用、原材料に表記していないものは一切入っていない、ヒューマングレードだ、と。
そしてわたしも、ここまで自信ありげに明記するのだから、大丈夫だろう、と書きました。
ごめんなさい、間違ってました。
わたしもショックです。

参考URL
http://www.dcgoldjapan.com/faq_33.html

よりによってエトキシキン検出・・・・・。
そうです、フードを作る過程でエトキシキンを添加していなくても、「原材料」を育てている段階で添加されていれば、自然とフードにも含まれてしまうんです。
エトキシキンは分解されにくいようです・・・・。
しかも、アメリカはエトキシキンの使用が人に対しても認められています(制限はあるみたいですが)。
つまり、アーテミスは嘘はついていないのです。
「フードを作る段階では」エトキシキンを添加していないし、エトキシキンが人に対しても使用できるのであればヒューマングレードといっても嘘にはなりません。

こういうことがあるから、フード選びは難しいです・・・・・。
幸いひよりはアーテミスが苦手で、うちのストックもほとんど減っていない状態でした。
全部廃棄しました;;

もちろん、必ずしも害がある、ということではありません。
事実使用して問題ないからたくさん愛用されている方がいらっしゃるんだと思います。
が、ひよりはもともとすきではないし、わたしもちょっと神経質で、一度気になるとずーっと気にしちゃうので;;


■本日のフード紹介

17.アニモンダ ラフィーネ ラグー (4種類)



これはチキン・ヨーグルトソースです。
他には、「フィッシュ・ハーブソース」「七面鳥と牛肉」「鳥肉と野鳥獣」があります。



お〜いひよりくーん?;;
ちょっと見えにくいですが、細切れのお肉が白いソースと和えられています。
ごらんのように、ひよりは結構気に入ったご様子です。
がっつがっつと食べてくれました。
アニモンダのウェットはハズレなく、今のところ食べてくれています。
4種のうち3種あげてみましたが、どれもかなり好きなご様子ですよ*

でも、アニモンダ、ドライが最近評判悪いです〜。
今の在庫が無くなり次第、レギュラーから外します。


そして、ドライフードです。



フルーツザイムについては後述しますね。

18.アズミラ クラシックキャットフォーミュラ

ここから、引用↓

アメリカ農務省が認定する人間用食材グレードAの肉類と一級の全粒穀物(殺虫剤不使用)を使用。
増量材としての穀物の一部分(くず)、大豆、ピーナッツの殻皮、グルテンミール等、
一般に人間の食用には適さない肉、骨組織といった副産物は一切使用していません。
人工添加物、塩、砂糖をも不使用。合成保存料、着色料、香料、イーストも含みません。
ドライフード、缶フードとも、通常使用されているミネラルと比べ、2倍以上の吸収性があるものを使用。
ナチュラルな方法で品質保持。ナチュラルな保存料と、ドライフードについては、
光・吸気遮断包装(バリアパッケージ)とで、 品質をキープしています。
消化に優れ、肝臓や腎臓、腸などに負担をかけません。また、吸収率が良いため少ない食事量ですみ、
内臓器官を使いすぎることの負担が少ないために、より健康を保つことにより、老化を遅らせることにも
繋がると言われています。

ここまで、引用↑

原材料、成分分析値を見ると、ちょっとマグネシウム値が高いかな、という気はします。
(一般的にこれくらいがいい、とされているのは0.1%以下、アズミラは0.12%以下とされています)
が、いろいろと勉強していくうちに、必ずしもマグネシウム値が高い=駄目、というわけでもないのだな、という考え方をするようになりました。
要は、他の栄養素とバランスが取れていて、猫ちゃん自体が健康であれば問題ないのでは、と。
これについては、NinnaNannaさんのサイトが参考になると思います。
http://ninnananna.jp/nanna-messa-oshikko.htm

さて、肝心のひよりくんですが、かなりすきみたいです。
ドライフードだけでも食べてくれます。
一つ一つがちょっと大きめで、食べごたえもありそうです。
レギュラー入りです。


18.ナチュラルバランス ウルトラプレミアムキャット

ここから、引用↓

ナチュラルバランスの動物学肉食動物フードは、特に野生の肉食動物の為に開発された世界初の製品です。
原料は全て米国肉類検査サービス(FSIS)によって管理された食用肉を使用しています。
その他の原料も全て米国USDAの承認された原料を使用しています。
使用期限は、製造から1年に設定されています。

クランベリーパウダーを配合しています。
クランベリー には、尿を弱酸性にする効果のあるキナ酸が多く含まれています。 アメリカ ハーバード大学の臨床研究でとくに腎盂腎炎や膀胱炎などの尿路感染症の予防に効果があると立証されています。
有害なBHT/BHA・エトキシキン・人工着色剤・化学薬品等は使用されておりません。

ここまで、引用↑

サンプル使用です。
今のところだいすき!なんですが、いかんせん「サンプルは食べたのに、ちゃんと購入したら食べない」ということがあるのが猫さん・・・・。
さてどうなるでしょう。笑


19.オーガニクス フィライン アダルト&キトン

ここから、引用↓

有機鶏肉・有機エンドウ豆・有機玄米・有機大麦・有機亜麻仁・有機ニンジン・有機リンゴ等
これら、USDA(米国農務省)の認定を受けた有機飼育・有機栽培の素材を全体の70%以上使用しています、オーガニクスでは、最適なアミノ酸や栄養のバランスを考慮した結果、この70%以上という配合にしています。さらにプロバイオテクス等予防医学の最先端の技術を採用し、 嗜好性、素材の安全性、ワンステージ上の健康状態を目指したオーガニックフードです。
有機栽培・有機飼育とは、農薬や抗生物質などを出来るだけ使用せずに、ありのままの環境で、 鶏や穀物を生産することです。アメリカでは不正を防ぐ目的で、米農務省が直接調査をせずに、その下部組織にあたる非営利団体が土壌や水源、 与えられる飼料などの実際の調査及び認定を行っています。それが、OCIA(ORGANIC CROP IMPROVEMENT ASSOCIATION)です。ここで認定されたものが、 最も安全性の高いオーガニクスの素材として使用されています。

ここまで、引用↑

イチオシです。
原料の生産段階から安全が確保されています。
フードに関する基準はいろいろありますが、「OCIAで認定」が今のところ一番安全なんじゃないでしょうか。
フード自体には添加されていなくても、原料段階で添加されていて分解できない〜という場合があるのはアーテミスのことでわかっていますから・・・・。
幸い、ひよりは食べてくれます。
即、レギュラー入りしました。

*

さて、アーテミスはアメリカ産。
今回紹介した三つもアメリカ産。
オーガニクスはともかく、アズミラとナチュラルバランスは検索しても、原材料の段階での合成保存料の添加に関する記述が見つかりません;;
アメリカのサイトなら見つかるかもしれませんが、いかんせん英語がそこまで得意ではなく、しかも専門用語が頻出するとなると・・・・・半分以上読み進めてようやく「このページ全然見当違いのこと書いてた;;」と気づくのです;;
てっとり早く、電話で問い合わせしてみようと思っています。
もし何かわかったらまた記述したいとおもいます。

*

20.フルーツザイムとお野菜



左・真ん中は、「明日菜」と「大麦若葉」の粉末です。
どちらも細かい粉末で、においは「お茶?」という感じでした。
ごはんに混ぜて使います。
ビタミンB(タンパク質の消化・効率のいい利用に必要)の強化をはじめ、色々な栄養が含まれている、無添加、天然ものです。
そして、これは「是非人も使ってくださいな」の商品です。

サプリメント使用に抵抗がある、とか、サプリメント嫌い!な子にも使いやすいんじゃないかな、と思います。
うちでは、1日おきくらいにほんの少しごはんに混ぜていますが、問題なく食べてくれます。

右は、フルーツザイム。
酵素ですね。消化、代謝を助けるものです。
生きたまま腸までいって、一生懸命働いてくれるそうです。
細かい粉末で、粉っぽいにおいです。
旦那さんが試食したところ、「味のしないきなこ」とのこと。笑
タンパク質をはじめ、炭水化物や脂肪の代謝にも効果アリだそうです、が。

そしてなによりわたしが注目したのは、
「毛玉対策フードよりも優しく、優しい毛玉排出効果」です。
長毛でブラッシングが苦手なひよりには最適なんですよね。
1日で3g摂取が理想だそうですが、そこまでは摂れていません。

ひよりは問題なく食べてくれます。

*

こう考えると、ひよりは小食・偏食ですが、サプリメントに関してはかなり寛容ですね。
断固拒否!されたことないですもん。
グリーンフィッシュやカリフォルニアナチュラルなんかのフードは絶対食べないからね!という反応でしたけど;;

フードに関する記事、全部書き直そうかな、と思っています。
勉強するうちにいろいろと考え方も変わってきましたしね。
長々と書きましたが、困っている誰かの参考になれば幸いです。

*

ランキングに参加中ですっ。
もしよかったら1日1回ずつぽちぽちぽちっとクリックしていただけるとうれしいです*

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ ブログセンター!へ

なにかありましたらご気軽にコメント欄へ。お話しましょう♪
ひより「いつもとチガウ・・・?」
JUGEMテーマ:にゃんこ

さて、今日はサプリメントについて書きますね。
サプリメントを使うことにしたのは、「既成のフードでは100%ひよりに合うごはんはない」、「そして、栄養バランスやカロリーをきっちり把握して、その時その時の体調、嗜好に合わせて手作りごはんを作ってあげられるほどの知識がない」という理由からです。
その点サプリメントなら、必要な時に必要な分だけ、栄養を補填してあげることができます。

でも、サプリメントと一言でいっても、膨大な種類があります・・・・・。
どれがより必要なのか・・・・・と一瞬途方にくれたんですが、アズミラは親切でした。
(アズミラ、フードのほうでもかなりお世話になっていますしね)
「三つの基本のサプリメント」なるものがありました〜。
ガーリックデイリーエイド・スーパーC2000・メガペットデイリーの三種類です。



とりあえずはお試し期間、ということで、小さめサイズを。
中身はこんな感じ↓



ひよりくん、それそのまま食べてもおいしくないよ〜;;



スーパーC2000は白い粉なので、写真に撮れず;;

■メガペットデイリー
メガペットデイリーは、すべての栄養素、特にビタミン類をバランスよく摂取できます。
特にビタミンBは、猫さんの必須栄養素であるタンパク質を効率よく利用するために必要な、とっても大切なものです。
1日に1/2〜1カプセルが適量です。カプセルをパカっと開けて、中の粉をフードに混ぜます。
わたしは数回に分けてあげているので、1度使ったらまたカプセルを閉じて、保管しています*
独特の、甘い匂いがします。
敏感な子だとちょっと気にしちゃうかもしれません。

■スーパーC2000
スーパーC2000はビタミンCですね。
ビタミンCは、猫さんの体内で合成可能ですが、「進化の過程で体内で合成できるようにするくらいに必要なもの」にも関わらず、フードでは酸化防止としてわずかに添加される程度、ということが多いそうです。
体内の合成だけでは追いつかないビタミンCの補填に効果的です。
1日に1/8〜1/2ティースプーンが適量です。
無臭で、細かい白い粉なので、ウェットフードに混ぜればほぼ問題なく食べてくれると思います。

■ガーリックデイリーエイド
強力な抗酸化作用があります。
ものすごく端折って言ってしまうと、酸化=老化と考えるとわかりやすいと思います。
身体の色々な働きが錆びつかないようにするものです。
猫さんににんにくは良くないのでは、という意見もありますが、1日の摂取量をきちんと守れば危険視されている造血系の問題は引き起こされないと思います。
そうでなかったらこんな風に大々的に売り出さないでしょうしね。
1日1カプセルが適量ですが、わたしは3日に1カプセルにしています。
カプセルのさきっぽをはさみで切って、中のオイルを絞り出して使います。
ガーリックの名前が付いているので予想はしてましたが、すごいにんにくの匂い・・・・・。
ひよりは、最初はかなり「ナニコレ? ナニコレ?」という感じでしたが、手にごはんを乗せてお顔に近づけてあげるとガツガツ食べてくれました。
でもこれは好き嫌い別れると思います・・・・・。

*

番外編

■お水



ペット用飲料水です。
基本的には水道水をあげているのですが、ひよりの泌尿器系トラブル防止のため、毎回の食事にかならず入れる水10mlはこのお水にしています。
昼間、家をあけるときに置いていくのもこのお水です。
有害物質の徹底排除と、(ものすごく端折った言い方をすると)吸収効率の良さが売り、みたいですね。
この辺はまだちょっと勉強中です・・・・。

■ミルク



カントリーロードのヘアボールコントロールです。
長毛なうえ、毛玉対策フードを使っていないので、ミルクで代用しています。
2日に1度、10mlくらいあげています。気休め程度でもないよりはいいと思って;;
ひよりはミルクすきなので、ご機嫌で飲んでくれます*

*

■お店紹介

NinnnaNannnaさん(http://ninnananna.jp/
オーナーさんのフード・栄養素に関する知識の深さに、安心できます。
サイトを全部見て回れば、ものすごく勉強になることは間違いないと思います。
手作りごはんの食材も販売されています。
とってもお世話になっているショップさんです*

*

サプリメントについては賛否両論あるんじゃないかな、とは思うのですが、デメリットとメリットを見比べた結果、メリットのほうが多いと判断しました。
あくまでわたしの考え方、ひよりの体質に基づいたレポートなので、あまり参考にはならないかもしれませんが、個人的な覚書として記しておきます。

*

ランキングに参加中です♪
もしよかったら、1日1回ずつぽちぽちぽちっとクリックしていただけるとうれしいです*

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ ブログセンター!へ

なにかありましたらコメント欄へどうぞ! お話しましょう♪
ぽりぽりごはん〜
JUGEMテーマ:にゃんこ

久しぶりのフードレポです♪
今回は初のドライフードについてですね。

わかりやすいように1kgあたりの値段を書いていますが、わたしは酸化防止のためなるべく小さいサイズのものを購入しています。
3種類をブレンドして使っていますから、使いきるまでの期間も長くなるんですよね;;



14.アーテミス フレッシュミックス キトゥンキャット

ここから、引用↓

育ち盛りに必要な栄養素をバランス良く凝縮!
AAFCO基準に適合したフードです。
合成保存料は一切使用していません。
保存には、 ビタミンC・E、ローズマリーを使用しています。
製品の表示では混合トコフェノールと表記しています。

アーテミスでは、アーテミスを与えるときは「フリー・フィード」(好きなときに好きな量を食べられる状態)を推奨しています。「フリー・フィード」にする事で、少量づつ必要なときに食べるようになるので、栄養吸収、消化機能がよくなると考えられています。
アーテミスフレッシュミックスシニアキャットはビタミン・ミネラルのバランスを考え、科学的に調合されています。従いまして、獣医等からの特別な指示が無い限り、アーテミスはサプリメント類を与えることはお奨めしていません。
新鮮な水を常に用意してあげてください。
給餌量は品種・運動量・環境(気候)・気質・年齢・健康状態等により調節してください。

ここまで、引用↑

原材料と成分値がないのはわざとですよっ。そこまで読む人いないかなあ、と思って。
ただ、アーテミスは「原材料100%表示」で、「原材料に明記していないものは一切入っていない」、「ヒューマングレード」と断言してくれています。
これは心強いです。やましいことないと言っているようなものですもんね。素人でも知識のある方なら成分を抽出して何が入っているか調べることができる(海外では結構そういうことをされる方がいるみたいです)ので、原材料表示で嘘をつくのはリスクが高いです。

ただ気になるのは、「サプリメントやめてね」という姿勢でしょうか。
アーテミスがすきで、アーテミスだけを毎日食べてくれる子ばかりではないんですよ・・・・。
(アーテミスを食べてくれる子にとっては、体質が合えば理想的なごはんなんでしょうね)
わたしはサプリメントも取り入れてますが、一応アーテミスと一緒には出さないようにしています。
他のフードとブレンドしてるから無意味だと思いますけど;;

特筆するべきはそのくらいかな?
マグネシウムの値が若干高めですが、いろいろとお勉強しているうちに「マグネシウム=絶対だめ」というわけではなく、結局のところその他の栄養とのバランスや体調や年齢に依存する、という考え方になってきているわたしはあんまり気にしていません。
高いといっても0.1%以下ですしね。

干し肉のような匂いです。乾いたお肉の臭い。
ひよりはあんまり好きじゃないみたいです;; 健康にはよさそうなのになあ。何がいやなんだろう;;
1kg2200円くらいです。

*

15.アニモンダ フォムファインステン デラックス キトン

ここから、引用↓

このシリーズは愛猫に好影響をもたらす特別な材料を組み合わせて作られています。 例えば非常に消化の良い動物性タンパク質を使用していますが、このことで猫の新陳代謝に与えるストレスを大幅に軽減しています。 またこのシリーズは、小麦、大麦を試用していませんので、これらのグルテンを含んでいません。
人工香料、防腐剤、豆、人工的酸化防止剤は使用していません。

特徴的な原材料
鳥肉粉(低灰)  通常の鳥肉粉は16〜17%の灰分を含みますが、
本品は最高でも11%しか灰分を含まない非常に高品質の鳥肉粉を使用しています。


キトン (仔猫用)
・健康的な成長を促します。
・消化吸収が優れています。
・オメガ3、オメガ6を含んでいます。
・免疫システムを強化します。
ここまで、引用↑

アニモンダは粒が小さめで、ウェットに混ぜやすいです。
大きい粒を噛み砕くのがすきな子にはあんまり向いていないかもしれないですね。
でも、アーテミスでちょっと気になるかな?と思っていたマグネシウムの値が0.08%以下、リンも同様に低いです。
匂いは、うーん、干し肉+ちょっと油っぽいような・・・・?
このくらい匂いが強いほうがひよりは好きなのか、ちゃんと食べてくれます。
250gで730円ほどなので、1kgで考えると2920円くらいでしょうか。
アーテミスより若干高めですね。

*

16.フリントリバーランチ キャット&キトゥン

ここから、引用↓

独自のオーブン焼き製法により、高密度、高消化率、高栄養吸収率のフードに仕上がっています。
(オーブンで2度焼きすることで、消化されにくいデンプン質が易消化のデキストリンになっています。一般的なフードより20〜30%程度少なめの給餌量でOK、無駄に多量のフードを与える必要がないため、消化器官への負担も少なくて済みます。)

チキンとラムのミールをベースに、猫の栄養や嗜好性、消化に関して研究を重ね、厳密な品質管理のもとで作製されたキャットフードです。

キャットフードの成分で最も大切なのはタンパク質です。
良質のチキンとラムのミールが栄養となり、猫の筋肉、皮膚、被毛、骨、血液が形成されて、正常な免疫機構が保たれます。

高品質のチキンミールには、猫に不可欠なタウリンが豊富に含まれます。
タウリンは、猫の眼や心臓、神経系、生殖器系にも不可欠な栄養素です。

フリント・リバー・ランチ社で使用している脂質には、エトキシキンなどの有害物質は一切含まれていません。保存料としては、ビタミンEを添加しています。

さらに、尿路疾患を予防するには、灰分とマグネシウムの含有量が十分に低値でなくてはなりません。これにより、尿のpH値が下がり、酸性尿となることで猫の尿路疾患のリスクが低減されるのです。

100%ナチュラル素材人の食用グレードの素材のみで作られており、人工保存料など無添加であるのはもちろんのこと、動物性油脂による香りづけのためのオイルコーティング処理なども一切行われていません。

ここまで、引用↑

かなり良いことが書いてあるけど大丈夫か、というのが第一印象でした。
ネット上での評判も上々、値段もそこまで高くありません。
原材料と成分値をチェックすると、連続する「コーン」の文字・・・・・。
うわっ、でたよ粗悪フード特有の、低コストのための嵩増し!と思ったんですが。

Q&Aを読んでみると、

キャットフードにひきイエローコーンとコーングルテンミールの両方が使われているのはなぜですか?

わあ、同じこと考えている人がいたよ〜。気になるよね、だって絶対嵩増しだと思っちゃうもの。
そして、その回答が、

犬と猫の消化器官は異なり、猫は犬よりコーンを簡単に消化することができます。コーンは、オメガ6脂肪酸、プロテイン、ビタミンB、チアミン、マグネシウムと食物繊維の供給源として優れています。フリントリバーランチキャットフードの原料として使用されるコーンは粉砕されていて、多くのペットフードで増量剤として、または一番最初に記載されることが多い「whole-kernel corn (丸粒コ−ン)」とは異なる目的を持ち、消化もしやすくなっています。一方、コーングルテンミールですが、全てのドライフードには、バラバラの原料をまとめてくっつける接着剤のような役割をする原料が必要です。コーングルテンは、その役割を果たし、原料をまとめて、あなたが目にするキャットフードのような粒状にします。
と、自信たっぷりの内容。
しかもこのフード、「ヒューマングレードですから、ぜひあなたも味見してみてね」というようなことが書いてあります。
これはね、相当自信がないと言えないと思います。
食べて具合が悪くなった、と訴えられる可能性を考えるとね、普通言えないんじゃないかな。

ということで、試しに注文してみました。
値段はだいたい1kgで1500円くらいでしょうか。結構ばらつきがあります。
においは、香ばしい、いいにおいです。
うん、ほんとに食べられそうだなあ、ということで、旦那さんに「ねえこれ人も食べられるんだって。メーカーがそう明言してるんだよ」と言ってみたら、食べてくれました。笑
おいしいみたいですよ、それなりに・・・・・香ばしくて油っぽくないみたいです。
ひよりもすきみたいで、ポリッポリッとおいしそうな音を立てて食べてくれますし、唯一単品で完食したことがあるドライフードがこれです。

*

以上3つが現在使っているドライフードです。
実はもう一つ、「ピュリナワン」というフードも使っていますが、これは近いうちに切り替えの予定です。
たぶんアズミラに変えるとおもうので、またその時にレポートします。

高ければいい、という考え方はしないようにしていますが(一番大切なのはその子の身体や年齢、嗜好に合っているということですもんね)、それでもやっぱり、少しのお金で健康の補助ができるなら、との思いです。
結局、わたしの自己満足なのかもしれません。
もしいつかひよりが病気になったときに、「ごはんがよくなかったんじゃ」とか「栄養が足りなかったんじゃ」という後悔をしたくないんです。

*

海外のフードをネットで注文する際は、正規代理店さん経由で買うようにしたほうがいいと思います。
輸送中の管理などを考えると、そのほうが安全なはずなので。


■お店紹介
ねこ畑さん http://www.nekobatake.com/
今まで引用していた成分値や原材料もこちらからの引用です。
プレミアムフードを豊富に扱っていらっしゃいます。大変お世話になっております。

フリントリバーランチだけはおいてませんので、別の場所で探してみてください*

*

ランキングに参加中です!
もしよかったら、1日1回ずつぽちぽちぽちっとしていただけると嬉しいです*

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ ブログセンター!へ

なにかありましたらコメント欄へ! お話しましょうー。
キャットフードの選び方
JUGEMテーマ:にゃんこ

ブログのアクセス解析を見ると、「フード・評判」やら「安全・キャットフード」と言った言葉で検索してここに来てくれる方がかなりらっしゃるみたいです。
わたしもまだまだ勉強中でわからないことも多いのですが、はじめて猫さんと暮らして右も左もわからない、ごはんを食べてくれない、選び方がわからない、というような悩みの解決に少しでも役立てるよう、この記事を書くことにしました。

これから書く内容は、あくまでわたしが本やウェブサイトから得た情報であり、その情報の正確性については個人に判断をゆだねられていることをご理解くださいますよう、お願いいたします。
文章がくどくならないように断定的な文章を書きますが、本来すべての語尾に「〜みたいです」、あるいは「〜なんだそうです」がつくと思ってください。

また、猫さんの体質・年齢・嗜好・健康状態によって状況はまた変わってくるとおもいます。
その点もよく考えて読んでいただけるとうれしいです。


・大前提として
ドライフードでも、ウェットフードでも、「総合栄養食」を選んでください。
総合栄養食は、「そのフードとお水だけで必要な栄養素を摂取できる」と定義されています。
ただし、総合栄養食でも品質は様々です。これについては後でまた書きます。

人の食べ物、特に調理済みのものは絶対与えないほうがいいと思います。
塩分が多すぎるからです。猫さんの身体は塩分を人間ほどには必要としません。塩分を摂りすぎると泌尿器系(腎臓・膀胱・尿道・尿管)の病気になりやすくなります。
味付けなしの茹でたササミや新鮮な生肉、お刺身(もちろん醤油はなしです)は与えても大丈夫ですが、それだけでは必要な栄養を摂取できませんので、おやつ程度と考えていたほうがいいでしょう。


・ウェットかドライか

ウェットフードは、水分量が多く、嗜好性が高いです。
猫さん、特に男の子は泌尿器系の疾患を起こすことが多いです。摂取できる水分は多いほうがいいですし、食欲のない時なんかは嗜好性の高さが役立つと思います。
わたしは泌尿器系の疾患がものすごく怖いのと、ひよりがドライフード嫌いなためウェットを主食としています。
缶タイプやパウチタイプがありますが、開封してからは鮮度が落ちるのが早いです。
柔らかいものばかり食べていると歯や顎が弱るという説もありますが、これは日々のケアでクリアできるだろうということ、猫さんの体質にもよるだろうことを考えると、そこまで重要ではないとおもいます。

ドライフードは、少量でたくさんの栄養が摂れますし、開封してから悪くなる速度もウェットほど早くありません。ウェットと比べると比較的安価だと思います。ドライを食べてくれるのであれば、常食に向いていると思います。

メリットとデメリットが相反しているので、その子の嗜好や体質、年齢、健康状態に応じて併用したり、使い分けたりするといいと思います。
またどんなフードであれ、開封して空気に触れた瞬間から酸化が始ります。
酸化の進んだフードは猫さんの身体にあまり良くないので、ウェットは30分、ドライは2時間を目途に下げたほうがいいと思います。
(ただし、わたしは会社にいくときだけはドライを置きっぱなしにしています・・・・本当は良くないのですが、ひよりは小食で朝と夜だけでは必要な栄養分のごはんを食べることができません)


・高ければ高いほどいいのか

これはイエスでありノーであると言えます。
高価なフードが必ずしも高品質である、とは限りません(外国産であれば輸入費用で現地価格の倍になっていることもありますし、国産であれば宣伝費などにコストをかけている可能性もあります)
でも、安価なフードには安価な理由があるのだと思います。だって、高品質のフードを安価で販売すれば会社が成り立たないですよね。利益を考えずにとにかく高品質のフードを安価で売ってくれる会社が理想ですが、それは現状ありえないと考えていいでしょう。

以下は、ドライフードについて。
ドライフード選びで重要なのは、原材料です。
くれぐれも宣伝広告は参考程度に考えて、鵜呑みにしてはいけません。

猫さんの身体に必要なのは、アミノ酸が含まれる良質な動物性タンパク質です。お肉やお魚ですね。
もちろん脂肪やビタミン、ミネラルなど、他にも必要な栄養素はたくさんありますが、身体をつくり、傷を治すのはタンパク質なんです。
ドライフードの原材料は多い順から表記される決まりになっていますから、まず最初にお肉かお魚が表記されるべきなんです。
(ただし腎臓疾患など、タンパク質の分解が難しい猫さん用の療法食は除外します)
にもかかわらず、多くのフードは穀物が最初に表記されていると思います。なぜ必要不可欠なタンパク質よりも、炭水化物を多く使うのか。コストが低く済むからではないでしょうか?
では、お肉かお魚が最初に表記されていればそれでいいのか、というとそうでもありません、名称は具体的かつ明快であるべきです。例えば、チキン・フィッシュ・鶏・七面鳥・ラムなど・・・具体的な名称のあとに「ミール」とつく場合がありますが、これは大丈夫です。製造過程で細かく砕いて粉末状にされている、という意味です。
が、肉類・ミート・ミートミール・ミートエキス・肉副産物などという、「で、何のお肉なの?副産物って具体的になんなの?」という表記は避けるべきです。
詳しく書くとものすごく長くなるので端折りますが、これらの表記だと「人間用としてはとてもじゃないけれど使えないお肉」、「保健所で殺処分になってしまった動物のお肉」、「病気で死んでしまって内臓も病巣も取り除かれていない動物のお肉・クチバシ・骨・羽」などが使われてる可能性があります・・・・・。
冗談だろうと思われるかもしれませんが、事実です。すべてがそうとは限りませんが、そうでないとも限らないんです。こういうお肉と呼ぶのも嫌な「肉類」を使っていれば、低価格で売れるのにも納得がいきますよね・・・・・。
また、具体的かつ明快なお肉の名称が一番最初にきていても、そのあとに続く原材料のほとんどが穀物(コーン・コーンミール・小麦・大麦・オートミール・グルテンなど)で占められている場合、結果として穀物類のほうがお肉の量を上回ってしまう場合がありますので、よく見てみてください。

次に、保存料についてです。
あげ連ねればきりがないのですが、BHA、BHT、エトキシキンという三大人工保存料が、ペットフードにはよく使われているそうです。
いずれも限られた用途を除き人間の食べ物には使用を禁じられていますし、発がん性があることがわかっています。
保存料は、防酸化・防カビ・防腐などの効果がありますから、賞味期限を延ばして少しでも売れ残りを防ごうという、企業の策略に思えてしまいます。
もちろん、酸化したフードやカビの生えたフードが身体に悪いのは事実ですけれど、これはハーブやビタミンなどで代用できます(ただし、人工保存料ほどの効果はないので、購入後の酸化防止管理は難しくなりますが、やむを得ないでしょう)。
なのになぜ害があるとわかっているものを使うか。コストが低く済むからだと思います・・・・・。
着色料も猫さんには必要ありません。
猫さんはにおいで食べるか食べないかを判断するので、色鮮やかである必要がないんです。人間の目にはおいしそうに見えても、猫さんには着色料は有害です。

以上のことを考えれば、良質のタンパク質を含み、他の栄養素も含み、かつ人工保存料・着色料を使用していないフードを選ぶべきだと思います。
もっと言うと、「人が食べても問題なく、かつ猫さんの身体に適している」フードが理想です。
ほんとうにそういうフードであるなら、多少お値段が張るのは仕方のないことだと思います。
高ければ高いほどいい、というのがイエスでありノーである、というのはそういうことです。

そして、そういうフードを見つけるのは難しいです。
わたしも100%満足できるフードはまだ見つかっていません。
もしも選ぶのが難しければ、数種類を同時に使う、というのも有効な手段だと思います。
そのフードでは補いきれない栄養素を別のフードがカバーしてくれますし、万が一有害物質が入っていた場合のリスクもフードの種類分減ります。
嗜好性の変化や、流通状態の悪化、企業の倒産の可能性を考えると、2・3種類のフードをローテーションしておくと安心だと思います。

*

昔は、猫さんは人間のごはんの余り物を食べていることが多かったみたいです。にも関わらず長生きした猫さんもいるでしょうし、上記のような問題のないフードを食べていても身体を悪くする猫さんもいるのだと思います。
だけど、完全室内暮らしの徹底と、食生活の改善で、猫さんの平均寿命は10年以上延びたこともまた事実です。
また、最初に述べた通り、猫さんの体質・年齢・健康状態・嗜好によっても状況は変わってきますから、フード選びは本当に難しいです・・・・・。

長々と偉そうに書きましたが、すべて本やウェブサイトからの受け売りにすぎませんし、内容の正確性はわたしにもわかりませんし、誰かに何かを強制する意図がないことをご理解ください。
結局のところ、個人の判断にゆだねられているのです・・・・・。

困っている誰かの何かのお役に立てれば幸いです。

*

ランキングに参加中です。
もしよろしければ、1日1回ずつクリックしていただけるとうれしいです*

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

なにかありましたらコメント欄へどうぞ!
ひより「これもっとたべる!」
JUGEMテーマ:にゃんこ

久々のフードレポートです*
同日更新(正確には日付変わってるけど2時間前くらいの更新)で、写真わんさかの記事がひとつ前にありますので、興味がないひとはそちらへどうぞ!



なんだかピントがあってないのか、微妙な写真。
でもちょっとかわいいとおもう。猫っぽくなくて。笑



「ごはん、おくがふかいです」

*

11.カントリーロード チャコーズ・デリ ささみ&トマト味



(パッケージ写真撮り忘れました、ごめんなさい;;)

ここから、引用↓

ささみ&トマト  (原産国 日本)
高タンパク・低脂肪な国産鶏のささみを、ポリフェノールたっぷりのトマトペーストでじっくりと煮込んでいます。食品衛生法適合の食材のみを厳選し、食材本来の味わいを活かして仕上げ、ささみを細かくほぐすと、より食べやすくなります。
厳選された限られた素材を使用したシンプルなフードですが、必要な栄養素は全て含まれています。人工の保存料、着色料、香料を使用していません。

成分値
粗タンパク 16.0%以上 粗灰分 2.0%以下 粗脂肪 1.5%以上 水分 78%以下 粗繊維 0.5%以下 約 86kcal/100g 

原材料
鶏ササミ、トマトペースト、カラギーナン、レシチン、ひまわり油、亜麻仁油、炭酸カルシウム、海塩、ミルクカゼイン、ミルクホエイ、キレートヨウ素、塩化カリウム、タウリン、硫酸マグネシウム、硫酸亜鉛、ピロリン酸鉄、ビタミンE、キレートマンガン、ナイアシン、メナジオン亜硫酸水素ナトリウム、キレートセレン、ビタミンA、硫酸銅、パントテン酸カルシウム、ビタミンD3、ビオチン、硝酸チアミン、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、ビタミンB12、葉酸

ここまで、引用↑

原産国日本!?て、ちょっと思いました。
日本はペットフードに関する法規制が緩いので、利潤追求に走ればいくらでも粗悪なフードを開発、売り出せます。今月頭からちょっと厳しくなったみたいですが、ドイツなんかに比べればまだまだでしょう。
人工添加物は使ってないと言っているし、成分値も見た限り問題ありません(というかウェットフードは水分比率が多いので、成分値に問題があったら異常です)

でね、開封した瞬間すごくいいにおいがしました。ササミは大きかったのでスプーンでつぶしてあります。
あまりにおいしそうなにおいなので、「これ塩分強いんじゃないですか」と思って一舐めしたところ、めちゃくちゃおいしかったです。 塩分が強いわけではなく、風味がおいしいんです。
ひより、がっつくがっつく。今までで一番食いつきがよかったと思います・・・・。
チャコーズ・デリシリーズ唯一の採用候補です。
これね、1パック約490円です。た、か、す、ぎ。ご褒美用ですね;;


12.カリフォルニアナチュラル キャット缶 フィッシュ&ライス



ここから、引用↓

柔らかなペーストタイプの総合栄養食
食物アレルギーを考慮して作られたカリフォルニアナチュラルのウェットフード。ヒマワリ油とフラックスシードが輝く毛並みをつくります。
鹿肉と白身魚の深海魚はアレルギーリスクが低いとされ、鹿肉は高たんぱく・低脂肪で消化吸収がよく、白身魚の深海魚は脂肪酸が豊富。

成分値
粗蛋白質 10.0%以上 粗脂肪 5.0%以上 粗繊維質 1.0%以下 水分 78%以下 粗灰分 2.5%以下 タウリン 0.07%以上 マグネシウム 0.03%以下 オメガ6脂肪酸 0.65%以上 オメガ3脂肪酸 0.3%以上 90.0kcal/100g

原材料
白身魚・サケ・サバ・魚スープ・玄米・ニシン・全卵・ヒマワリ油・フラックスシード・グァーガム・ビタミン・ミネラル

ここまで、引用↑

カリフォルニアナチュラルにはちょっと期待していました。わたしの見た限りネットでの評判がいいのと、水分比率の多いウェットフードでマグネシウムの値をきちんと出しているところが好印象。
見た目も香りもなかなか。さあひよりくん食べたまえ。

結果、 惨 敗 。
何やっても食べない、大好きなアズミラと4:1くらいで混ぜても食べない。単体だとナニコレ?いらないたべものじゃない、はやくごはんくれ、といった態度・・・・・。
ひより・・・・・。

経験談ですが、ひよりはサーモンが嫌いなのかもしれません。チャコーズ・デリもサーモンが入ってるのは絶対食べなかったもんね・・・・。
他の2種類の味は食べてくれることを願います;;
ちなみに、85g缶で230円です。


13.ボジータ キャット テトラリカート パテ (ミックスミート&七面鳥)



牛乳パックみたいな見た目・・・・。大きいです。1パック360gです。



ここから、引用↓

高品質の新鮮なスウェーデン産のみの肉類を90%以上含みます。
猫の食事として必要な栄養を十分に満たしています。
ボジータマクロガード(R) (天然のベータグルカン)で強化されており、愛猫の免疫システムの強化をサポート。
ノンシュガー、小麦グルテン不使用で、低脂肪。 人工着色料、人工調味料、防腐剤、有害な物質不使用。遺伝子組み替え作物一切不使用。 

成分値
粗蛋白質 11.5%以上 粗脂肪 5.5%以上 粗繊維質 0.25%以下 粗灰分 2.0%以下 水分 80.0%以下 タウリン 0.07% カルシウム 0.3% リン 0.3% マグネシウム 0.02% ナトリウム 0.2% 85.0 kcal/100g

原材料
鶏肉、豚肉、七面鳥(4.0%以上)、ミネラル、ベータ・1.3/1.6グルカン

ここまで、引用↑
グルカンって何?って思って調べてみると、免疫をサポートする酵母のようです。
見た目、においはちょっとグロイかんじ。あくまでわたしの主観ですが。
こりゃたぶん食べないでしょう、と思いながらあげてみると、普通に完食してくれました、ひよりくん。
カリフォルニアナチュラルのほうがおいしそうだよひより;;
1パックが大きいので、1にゃんだと使い切るのに1日半かかりました。複数にゃんいると使いやすいかもです。
ボジータはまだ4パックあります。そして、そのうちの一つは鬼門である「タラ」。タラはカントリーロードで玉砕済みですが、お試しパックで買ったので・・・・。
先行き不安です。
1パック約480円ですが、360gなのでそこまで高くないです。

*

ていうか、ニュートロとオリジン相次いでリコール騒ぎですね・・・・。
オリジンはオーストラリアのみ(フード自体の問題というよりは輸入時の扱いが駄目だったみたいです)のリコールですが、ニュートロは日本もです。使っている方いませんでしたか、大丈夫ですか。
サンプルでニュートロもオリジンも持っていましたが念のため両方廃棄しました。
ニュートロは今後一切使わないと思います。リコールの頻度が高すぎて怖いです。

フード、本当に難しいですね;;

今のフード状況

ウェット:アズミラ3種・アニモンダ5種・カントリーロード4種
ドライ:アニモンダ・アーテミス・シーバ・ピュリナワン

シーバとピュリナワンは削って、ナチュラルバランスあたりを取り入れたいと思っています。

*

ランキングに参加中です♪
もしよかったら1日1回ずつぽちぽちぽちっとクリックしていただけるとうれしいです!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!
ひより「これはおいしくない」
JUGEMテーマ:にゃんこ

久しぶりのフードレポート、いっきまーす。
(興味のない方は、同日更新で、もうひとつ前の記事にひよりの写真があります*)

09.カントリーロード チャーコズ・デリ(トラウト&コッド味)



ここから、引用↓

各種類とも厳選した素材が使用されています。シンプルなフードですが、必要な栄養素は全て含まれています。人工の保存料、着色料、香料を使用していません。レトルトパックです。

トラウト&コッド (原産国 アイスランド)
アイスランド近海でとれたマスとタラを使っています。その他、炭水化物として穀類アレルギーの原因といわれるグルテンが少ない米、食物繊維としてポテトファイバー、オメガ6脂肪酸が豊富なヒマワリ油など、限られた食材を使用しています。

成分表
粗タンパク 10.0%以上 粗灰分 4.5%以下 粗脂肪 7.0%以上 水分 67%以下 粗繊維 3.0%以下 約 137kcal/100g

原材料
トラウト、タラ、米、ポテトファイバー、ひまわり油、塩化カリウム、リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、海塩、塩化コリン、
タウリン、酸化マグネシウム、硫酸亜鉛、硫酸銅、硫酸銅、硫酸マンガン、エチレンジアミンジハイドロヨウ素、硫酸鉄、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、リボフラビン、硝酸チアミン、ビオチン、ビタミンB12、塩酸ピリドキシン、葉酸、メナジオン亜硫酸水素ナトリウム

ここまで、引用↑

カロリーがちょっと高めですが、たんぱく質はかなりいい数値。粗灰分もちょっと高め?;;と思うものの、水分量が少ないから相対的にパーセンテージが上がっているだけで、実際には問題ないとおもいます。
タラとマスかあ・・・・・ひより、はじめての味だなあ、と思いながらあけてみます。



においはなんていうか、つみれ? あのーすり身汁にできそうな感じ。普通にいいにおいだとおもいました。グリーンフィッシュとかは、生臭いのが苦手なわたしはうえってなっちゃったんですが。
塩分チェックのため、申し訳程度になめてみると、うん、風味オンリー塩分なし。これは期待大!と思ってあげてみるも、

惨 敗 。

何をしても食べませんでした。カルカンと混ぜてもだめ、サーモンオイルで風味をつけてもだめ、なにをしてもだめでした;;
これは、没ですね・・・・・おいしそうだなあ、とは思うのですが;;
ちなみに一袋336円です。高い;;

*

10.アズミラ キャット缶 (オーシャンフィッシュ・チキン&ビーフ味)

※画像はビーフ&チキン味です。



ここから、引用↓

高品質の素材のみ使用しており、防腐剤、合成保存料、着色料、香料を使用していません。
ドライフードに混ぜると最適ですが、缶詰のみ与えても栄養基準を満たします。
アズミラ猫缶は、全年齢の愛猫に適しています。

オーシャンフィッシュ

成分値
粗蛋白質 11.0%以上 粗脂肪 5.0%以上 粗繊維 1.0%未満 水分 78.0%未満 灰分 2.5%未満 タウリン 0.05%以上 マグネシウム 0.025%未満   108.2kcal/100g

原材料
オーシャンフィッシュ、オーシャンフィッシュスープ、鶏肉、まぐろ、鶏肝臓、腎臓、オート麦のふすま、全粒玄米、アルファルファ、 炭酸カルシウム、レシチン、塩化カリウム、ケルプ、ガーリック、塩化コリン、ビタミンEサプルメント、鉄(アミノ酸キレート)、 亜鉛(アミノ酸キレート)、亜セレン酸ナトリウム、ナイアシン、チアミンモノニトレイト、ビタミンAサプルメント、タウリン、 マンガン(アミノ酸キレート)、銅(アミノ酸キレート)ビタミンB12サプルメント、メナジオンソディウムバイサルファイト(活性ビタミンKの供給源)、 葉酸、ピリドキシン塩酸塩、リボフラビンサプルメント、パントテン酸カルシウム、ビタミンD3サプルメント、ヨウ素酸カルシウム、ビオチン(ビタミンH)

ビーフ&チキン

成分値
粗蛋白質 11.0%以上 粗脂肪 5.0%以上 粗繊維 1.0%未満 水分 78.0%未満 灰分 1.9%未満 タウリン 0.05%以上 マグネシウム 0.025%未満   121.7kcal/100g

原材料
ビーフ、ビーフスープ、鶏肉、鶏肝臓、腎臓、オーシャンフィッシュ、まぐろ、全粒玄米、ケルプ、アルファルファ、炭酸カルシウム、 レシチン、塩化カリウム、ガーリック、塩化コリン、ビタミンEサプルメント、鉄(アミノ酸キレート)、亜鉛(アミノ酸キレート)、 亜セレン酸ナトリウム、ナイアシン、チアミンモノニトレイト、ビタミンAサプルメント、タウリン、マンガン(アミノ酸キレート)、 銅(アミノ酸キレート)、ビタミンB12サプルメント、メナジオンソディウムバイサルファイト(ビタミンKの供給源)、葉酸、 ピリドキシン塩酸塩、リボフラビンサプルメント、パントテン酸カルシウム、ビタミンD3サプルメント、ヨウ素酸カルシウム、 ビオチン(ビタミンH)

ここまで、引用↑

注目したのは、ウェットフードであるにも関わらずマグネシウムの値を出していること。水分がほとんどを占めるウェットフードでは、マグネシウムの値は灰分にまとめられちゃったりするみたいなんですが。これはちょっと好感度があがりました。

においはアニモンダのにおいをうすくした感じでしょうか。あんまりいやな感じはしないです。
あげてみると、食べましたー! がつがつがつと! おいしそうに食べてくれました。
カントリーロードのキャット缶や、アニモンダに続きレギュラー入り候補です*
ちなみに、1缶357円です。高いー・・・・・。

これで、おおむねウェットフードの移行は終了です。ちょこちょこと新しいものをあげてみるつもりではいますが、そろそろドライも移行しなくてはいけないので;;

*



「ちゃこーず・でりはおいしくないのでもうださないでね・・・」
はい、わかりましたもうだしません;;



足の上で、まったり。



朝のひとこま。

*

ランキングに参加中です♪
もしよければ、1日1回ぽちぽちぽちっとクリックしていただけると嬉しいです*

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

なにかありましたら、コメント欄へどうぞ。お話しましょう♪
ひより「カルカンよりすきかもにゃー」
JUGEMテーマ:にゃんこ

ひよりは最近猫らしく、昼間はよく眠ります。
家に来たころは全然寝なくて心配していたのがちょっと懐かしいです。



ひよりくん、歯が見えてますよ!



そしてなぜそんなに伸びる・・・・。
この体勢のままで眠ってました;;
(あぐらで椅子になってあげてたので、わたしの足がうつっててごめんなさい)

*

そして久しぶりのフードレポ。

08.アニモンダ ラフィーネ スープ キトン (鳥肉カクテルとえび味)



レトルトパウチですね。
開けてみます。



うん、正直、これ、わたしにも食べられるんじゃないかなっていう匂いと見た目でした。
普通にお酒のつまみになりそうです。
あまりに人間にとって「おいしそう」だったので、まさか塩分とか多いんじゃ、と思ってちょっとタレ?のところをなめてみたけど、風味がすごく強くて、塩分はほとんどないかんじでした。よかった。
お肉の1つ1つが大きくてひよりには食べづらそうだったので、スプーンでちょっと細かくしておきます。

ここから、引用↓

ラフィーネ RAFINE 
食材の食感を生かしたタイプから、スープタイプまで、バラエティに富んだシリーズです。

【成分分析値】
粗蛋白質 9.0% 粗脂肪 8.0% 粗繊維質 0.3%
粗灰分 2.5% 水分 80.0% 100kcal/100g
【原材料】
肉類(鶏肉・七面鳥・鴨)、シリアル、野菜、えび類、ミネラル、ビタミンD3、ビタミンE

ここまで、引用↑

さて、食べなかったら悲しいので半分くらいあげてみました。
結果、ものすごくおいしそうに食べました♪
やっぱりアニモンダはおいしいんでしょうか。今朝もアニモンダのフォムファインステンシリーズでしたが、がっつがっつ食べてました。
よかったよかった。
ちなみにお値段は1つ280円です;;
*



逆光も雰囲気があってすきです*

あああ、そろそろ準備せねば遅刻してしまう!
今日も1日がんばってきます。

*

ランキングに参加中です。
もしよかったら、1日1回ずつクリックしていただけるとうれしいです♪
とってもとっても励みになります。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

なにかありましたらコメント欄へ。お話しましょう*
ここまで読んでいただいて、ありがとうございました!
ひより「ねむいにゃー・・・・」
JUGEMテーマ:にゃんこ

フードのレポートに興味がない方は読まなくていい記事です;;
これのひとつ前の記事に、ひよりの動画がありますよー!
同日更新なので、そちらのほうを見ていない方はそちらへ!

05.アニモンダ フォムファインステン キトン (牛と鶏・鳥と牛)





アニモンダのこのシリーズは、3種類の味がありますが、見た目はどれも同じかんじ・・・・・。
成分値は一緒で、原材料の最初がそれぞれの種類のお肉になる感じです。
さてどうかな?と思いながら与えてみたところ、ばくばくばくっと食べました。
1/3ほど残すものの、30分くらい経ってから完食!

アニモンダ フォムファインステンシリーズは晴れてウェットフードに採用の運びとなりました!
おしっことうんちの状態もばっちりです。

*

06.カントリーロード チキンフォーミュラー (全年齢対象)

画像忘れちゃいました;; ごめんなさい。
見た目はフィッシュフォーミュラーとかわりません。
パテ系のやわらかい食感だとおもいます、スプーンですくった感じは・・・・・。

ここから、引用↓

成分表
粗蛋白質 8%以上 粗脂肪 7%以上 粗繊維 1%以上 粗灰分 2.5%以下 水分 78%以下 カルシウム 0.24% リン0.24% 代謝カロリー109kcal/100g

原材料
チキンまるごと、チキンレバー、海魚、オートブラン、米粉、カラギーナン、炭酸カルシウム、ひまわり油、亜麻仁油、トリポリリン酸ナトリウム、糖蜜、海塩、グアガム、塩化カリウム、タウリン、塩化コリン、 米ぬか、硫酸亜鉛、硫酸銅、硫酸マンガン、エチレンジアミンジハイドロヨウ素、硫酸鉄、セレン酸ナトリウム、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンD3、リボフラビン、 硝酸チアミン、ビオチン、ビタミンB12、塩酸ピリドキシン、葉酸、メナジオン亜硫酸水素ナトリウム

引用、ここまで↑

フィッシュと比べて粗脂肪がかなり多いです。粗灰分も多い・・・・。
ウェットフードの成分値まで気にし始めたらきりがないとは分かっているんですけれど(大部分が水分のため);;
カントリーロードといい、アニモンダといい、種類が多すぎて混乱します;;
これとこれとこれは「味が違うだけです」とか、これは「腎臓機能の強化」とか書いてくれればいいのになあ。
総合栄養食である以上はどれを食べても必要な栄養素は摂取できるんだろうけれど、食材を変えてるのは飽きが来ないようにってだけではないんだろうし。
色々ともうちょっと勉強しなきゃなって思います。
自分の知識不足や、金銭面でひよりに不自由な思いはさせたくないです・・・・。

あ、えっと、チキンフォーミュラーもばっちり食べました。
カントリーロードも採用です*

前回はウェットフードはカントリーロード2種(採用)、アニモンダ3種(採用)、グリーンフィッシュ4種(2種不採用;;)を購入したのですが、
採用された5種+新しいものを5種再度購入しました。
新しく購入したものはまた順次レポートしていきます。
拙い説明ですが、何かの参考になれば、と思います!

*

■ひよりごはん、現状■

在庫としては、

ドライフード
・ロイヤルカナン ベビーキャット(月齢4か月までなのですが、あと少し残っているので使っちゃいます)
・ピュリナワン 子猫用
・シーバデュオ 全年齢対象
・大量のプレミアムフードサンプル;;

ウェットフード
・カントリーロード フォーミュラーシリーズ
・アニモンダ フォムファインステンシリーズ
・カルカン3種
・モンプチ2種
・サイエンスダイエット キトン

という感じですね。
とりあえずウェットフードを早急に移行します。
カルカンモンプチサイエンスダイエットは今後使わないとおもいます。
ウェットフード完全移行後にドライフードのサンプルを試しながら、状況をみていこうと思います。

(※前の記事でシーバは総合栄養食でないと書きましたが、調べたら総合栄養食でした;; 訂正しておきます・・・・)

*

ランキングに参加中です♪
よろしければ、1日1回ずつぽちぽちぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。
更新の励みになります!
何かあればコメント欄へどうぞ。何でもお話しましょう*

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
ひより「でもカルカンほうがおいしいよ?」
JUGEMテーマ:にゃんこ

さてフード調査隊の続きですよー!
でも、興味のないひとのために、ひよりの写真も載せておきます♪



やあ!とやっているようにみえますが、写っているのは後ろ脚です。
毛づくろいの最中だったんですー。



なんだか物憂げな表情のひよりくん。
昨日お風呂に挑戦→失敗で疲れているんでしょうか・・・・・。
お湯で濡らすだけで断念しました;;
そしてタオルドライ・・・・ドライヤーかけれなかったです、怖いみたいで。うううう。



でも乾いてからのブラッシングはできたので、ふあふあ♪
顔をうずめたい〜!

*

さて。
まずはこれです。

03.アニモンダ フォムファインステン キトン (鶏と子羊味)



アニモンダ。
あまりに種類が豊富すぎて何を頼めばいいのかわからなかったアニモンダ。
ドイツが原産国です。
総合栄養食の表記はないですが、それはそもそも総合栄養食という概念がドイツにないからで、アモニンダだけを与えていて健康を損なうというようなことはないようです*

以下、引用↓

アニモンダ社はペットのフードについて、「同じ物を与え続ける」ということを前提にしておらず、 「様々なものを食事として与える」という事を前提にしています。そのためアニモンダには総合栄養食という概念がありません。
このことは、愛猫にとってより健康的な食事を考える上では、その指標となるものが決められておらず、与える側で見いださなければならないということです。多種多様な製品で種類が豊富なのは、こういったコンセプトがあるからではないでしょうか。

特にバリエーション豊かなアニモンダのウェットフード類は、バランスのとれた食事を考えるうえでも、いろいろと組み合わせて与えることをおすすめいたします。また、食事に飽きがこないよう変化をつけるうえでは、選ぶのに困らないほどの種類があります。ドライフードが苦手な愛猫への食事のローテーションに組み込んだり、食細い愛猫のフード探しに、また、主食としては、栄養のバランスを損なわないように組み合わせに工夫をして、この美味しい食事で愛猫の健康状態を最良にしてあげてください。

合成保存料、香料、着色料及び、遺伝子組み換え食物は使用されておりません。

成分表
粗蛋白質 10.0% 粗脂肪 7.0% 粗繊維質 0.3% 粗灰分 2.0% 水分 80.0% 98kcal/100g

原材料
<鶏肉と子羊>
肉類(鶏肉・子羊肉)、ミネラル、ビタミンD3、ビタミンE   

ここまで、引用↑

総合栄養食の概念がない、というのはその経緯を考えれば素敵だなあと思いました。
が、1日に必要な量くらい出しておくれよ;; とも思ってしまいます。
というか魚系じゃないから多分食べないね・・・・とりあえず、開けてみましょう。



う、うわあ、すごく肉肉しい・・・・。
血なまぐさいかなとおもったけどそんなことはありませんでした。
なんていうか、肉を煮たにおい。そのままですが、ほんとうにそんなにおい。
恐る恐るあげてみると、食べました・・・・。
半分の量を完食!
翌朝あげてみても完食!
はい、仮採用決定。
ちなみにお値段は一缶約300円・・・・・。

そして次!

04.グリーンフィッシュ キャット缶 全年齢対象(ツナ&ハーブ味)

この間食べさせて嫌われたものの、味が違うやつです。




以下、引用↓

成分表
蛋白質 12.0%以上 粗脂肪 2.0%以上 粗繊維質 0.3%以下 粗灰分 1.5%以下 水分 81.0%以下 ナトリウム 0.15% カルシウム 0.1%

原材料
ツナ(60%以上)、植物性オイル、タウリン、ハーブ(アーティチョーク、ローズマリー、ミルクシスル)、 ビタミン、ミネラル

引用、ここまで↑



い、色が・・・・・。
でも人工着色料使ってないみたいですし、大丈夫だよね・・・・・。
というか匂いが、なんか、、うう、、、
あげてみたところ、無視!ふん!て感じです。
で、そのあと足元にすりすりにゃうにゃおー!ごはんー!だったので、お腹はすいているみたい。
これは、没ですね;;
というか、グリーンフィッシュさあ、あと2缶あるんだけど、絶対食べない気がする;;
誰かあげましょうか?

*

続報ですが、昨日書いたフィッシュフォーミュラーについて。
ひよりくんおしっこもうんちも問題なし!だったので、レギュラー化します。
ウェット、カルカンの代わりがさっそく見つかってよかったよかった。
あとアニモンダもすきみたいだから、消化器系に問題が出なければ取り入れていきたいですね。

1番の問題はドライなんだけどね!

*

明日は定時で上がれる予定です。
ひよりと遊んであげたいです♪ いまは旦那さんと遊んでいます。旦那さん、ちょっと遊ぶの上手になったみたいでよかった。

*

ここまで読んでいただいてとってもうれしいです。
はじめましての方も、また来てくれてありがとうの方も、ありがとうございます*

3つのランキングに参加中です。
よろしければ、1日1回ずつポチリポチリポチリとしてくれるとうれしいです・・・・。
何かありましたらコメント欄へ! お話しましょう♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
ひより「こんなにたくさんたべれない・・・・」
JUGEMテーマ:にゃんこ

昨日の夜、八時頃だったでしょうか。
「坂下さんお届ものでーす」



それはねえ、ひよりのごはんですよ!
栄養がいっぱいのごはんです*
開けてみると・・・・



でーん!
箱から出してみると・・・・



ちょっと笑っちゃいました・・・・。



おいしそうなにおいする? ひより。



そうだよー!



うん、いっぺんに食べるわけじゃないからね♪

*

というわけでフードレポートをしていきたいとおもいます。
経緯は三つくらいまえの記事をご覧ください*
フード調査隊というカテゴリに分けてあるので!

*

ウェットフード
01.グリーンフィッシュ キャット缶 全年齢対象(ツナ・エビ・ハーブ味)



以下、引用↓

グリーンフィッシュは、イタリア産のフードです。
魚のもつ優れたタンパク質源を使用することと、 肉及び副産物に対する、非アレルギーペットフードをコンセプトの1つとして開発されています。
グリーンフィッシュは、肉類を使用せずにタンパク質源として地中海産の魚(養殖魚は使用していません)を使用しています。
また、動物性脂肪は使用せずに、植物性脂肪としてオリーブオイル・ヤシオイル・コーンオイルを使用しています。 さらに、近年登場している他の多くのキャットフードにも見られますが、機能性を高めるためのハーブを使用し、 その種類と配合は、消化器官、肝臓の働きを促進するように考えられています。 

成分表
粗蛋白質 12.0%以上 粗脂肪 2.0%以上 粗繊維質 0.3%以下 粗灰分 1.5%以下 水分 81.0%以下  ナトリウム 0.15% カルシウム 0.1%    

原材料
ツナ(60%以上)、エビ、植物性オイル、タウリン、ハーブ(アーティチョーク、ローズマリー、ミルクシスル)、 ビタミン、ミネラル

引用、ここまで↑

では缶を開けてみます。



赤っぽい色のツナ+小エビ。ゼリーで固められています。
匂いは、「えび」って感じです。生のえび。

とりあえず少量を与えてみたところ、食べました。
やったやったーと大喜びしたんですが、きっちり密閉して翌朝しっかり与えてみたところ食べてくれませんでした。
そして足元に「ごはんちょうだいすりすり」。お腹はすいているようです。なのに食べない。うーん、これは、ダメっぽい・・・・。

グリーンフィッシュ、ツナ+エビ+ハーブ味は没です;;
ちなみに1缶大体290円でした。

そして次に取り出したるは・・・・

02.カントリーロード キャット缶 全年齢対象(フィッシュフォーミュラー)



お腹すいてるんだねひより;;
すぐ開けてあげるからちょっとまってね。

以下、引用↓

カントリーロードキャット缶は、豊富な種類と特徴をもったウェットフードです。様々な食材を取ることで、より健康的な食生活を遅れるよう、お好みに合わせてお選びいただけます。食事の状況は猫によっても違いは様々ですが、同じ食材を食べ続けると飽きやすくなる傾向が多くみられます。 種類の多いフードですので、アレンジを加えるトッピングとしても適しています。 全て総合栄養食で、愛猫の栄養バランス面も検討しやすくなっています。人工の防腐剤・着色料・香料は一切使用されていません。
フィッシュフォーミュラーは、主なタンパク質源に新鮮な海魚、アミノ酸バランスを考慮して鶏レバー、グルテンが少ない玄米やポテト、オメガ6脂肪酸が豊富なひまわり油などの原材料を配合しています。栄養価に富んだニンジンやえんどう豆などの野菜、オメガ3脂肪酸が豊富な亜麻仁油、善玉菌の栄養となるオートブランや米ぬか、タイムやローズマリーなどのハーブも加えられています。

成分表
粗蛋白質 9%以上 粗脂肪 1.5%以上 粗繊維 1%以上 粗灰分 2%以下 水分 78%以下 カルシウム 0.2% リン0.2% 代謝カロリー84kcal/100g

原材料
海魚、チキンレバー、玄米、オートブラン、ポテト、ニンジン、えんどう豆、カラギーナン、炭酸カルシウム、ひまわり油、亜麻仁油、トリポリリン酸ナトリウム、海塩、糖蜜、グアガム、タウリン、ローズマリー、 タイム、塩化コリン、米ぬか、硫酸亜鉛、硫酸銅、硫酸マンガン、エチレンジアミンジハイドロヨウ素、硫酸鉄、セレン酸ナトリウム、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンD3、リボフラビン、 硝酸チアミン、ビオチン、ビタミンB12、塩酸ピリドキシン、葉酸、メナジオン亜硫酸水素ナトリウム

引用、ここまで↑

開けてみると・・・・?



パテですか・・・・パテはひよりあんまりすきじゃないんだけどなあ;;
と思いながらあげてみると、

見事に完食しました。
昼間旦那さんがあげてみても完食!!
はい、仮採用決定。
さようならカルカン、こんにちはフィッシュフォーミュラー・・・・・!
あとは明日のうんちを見てみて本採用かどうか決めたいとおもいます。
ちなみにお値段は一缶大体300円です・・・・・。

今までの経験上、お肉系よりお魚系がすきみたいなのでとりあえず上記2つのチョイスでした。
グリーンフィッシュもカントリーロードも、お試しセットで買ってるから、チキン味とかあるんだよなあ、絶対食べない気がする・・・・・。
でもとりあえず、食べてくれるものがあったのでうれしいです*
ドライはウェットの移行が終わってからですね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
興味のない人にはつまらないかもしれません、ごめんなさい;;
誰かのお役に立てればいいな、と思います。

*

はじめましての方も、いつも来てくれている方も、ここまで読んでいただいてうれしいです。
ランキングに参加中です!
よろしければ1日1回ずつクリックお願いします♪
更新の励みになります。
何かありましたら気軽にコメント欄へどうぞ。お話しましょう*

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ